St.Valentine’s Day

もうすぐバレンタインですね!
みなさん、もう贈り物は決まりましたか?

恋人に本命チョコ、友達に友チョコとして、
ご家族にいつもの感謝の気持ちを込めて…
またご自分へのご褒美に。

 

パティスリーイチリュウでも様々なチョコレートをご用意しております。
その中から今回は、トリュフチョコレートについてご説明しますね!

トリュフ6個入

トリュフという名前は皆さん、ご存知だと思いますが、簡単に…。

フランスの有名な級食材であるトリュフに似ている事から
トリュフと言われています。

直径3cmほどの球形に丸めたガナシュを
クーベルチュール・チョコレートでコーティングし、
粉砂糖やココアパウダー、ヘーゼルナッツや
アーモンドなどをまぶしたものです。

その他にも、ガナシュに替えて、クリーム、生チョコレート、
キャラメル、ナッツ類、アーモンド、ベリー類を使用したり、
ガナシュにフルーツ、チョコレートチップ、
マシュマロや酒類を混ぜ合わせたものもあります。

ちなみに、ガナッシュとは、チョコレートの一種で、
チョコレートを生クリームやバター、牛乳、洋酒などと混ぜ合わせ、
用途に応じて硬さを調整したチョコレートクリームのことです。

ほどよい甘さで濃厚なチョコレートに手が進んでしまいます。
コーヒー・紅茶にも合うし、ワインやお酒に合わせて
召し上がっていただくのもお勧めです!

 

今年のバレンタインをぜひ
イチリュウのチョコレートと一緒に過ごしてみませんか?

サンマルク&マカロン

前回号からフランス菓子の歴史や
名前の由来などをご紹介しています。

 

今回はイチリュウでもおなじみのサンマルク。

839dc1c84bb94179a74767c18f7353dd1

サンは聖人、マルクはマルコで聖マルコという名のお菓子です。
フランスの代表的なお菓子の一つで、
アーモンドの香り豊かな生地と
チョコクリームと生クリームの2層のクリーム、
そして表面は砂糖を焦がしてキャラメルにしています。

イチリュウのサンマルクはビスキュイジョコンドを
生クリームたっぷりのババロアでサンドしています。
見た目よりも軽い口当たりで、とてもおすすめです!

 
 

そしてもう一つはマカロン。
マカロンは日本でもここ数年、とても流行っていますよね。

イチリュウの生マカロンもレシピや素材にこだわっていて
とても美味しいのですが、
フランスにも様々な種類のマカロンがあるようです。
 

img_2237

13世紀から作られているサン=テミリオンのマカロン・クラックレ
(macaron craquelé:通常のマカロンとは違い、
クリームやジャムなしのシンプルなもの)

 

1

また、16世紀から作られているアミアンのマカロン・ダミアン
(macaron d’Amiens:生地にアーモンドプードルや砂糖、卵白、卵、
そしてハチミツやジャム(リンゴやアプリコット)が挟んであるもの)など
地域によって様々な形のマカロンがあるようですね!

明けましておめでとうございます

couverture-facebook-bonne-annee-2015_05

みなさん、明けましておめでとうございます!
2015年ですね!どんな年越しを過ごしましたか?

今年1年が皆さんにとって、素敵な1年になりますように…。

そして今年もイチリュウのお菓子で
皆さんに笑顔になっていただけるように、
私たちも努めてまいりますので、よろしくお願いします。

 

 

今回より、少しの間、
フランス菓子の歴史や名前の由来について
皆さんにお話ししていこうかなと思います。

 

では、はじめにイチリュウの定番ケーキでもある
ガトーショコラの由来より。

ガトーショコラ

まず、ガトー(Gâteau)とはケーキという意味。
ショコラ(Chocolat)は、皆さんもご存じのように
チョコレートという意味です。

もともとは飲み物や飲み薬として、伝わったチョコレートですが、
1700年代にチョコレートケーキとしてフランスに広がったそうです。

現在、フランスではガトーショコラ以外に、
オペラ(Opéra)、フォンダンショコラ(Fondant Chocolat)など
色々なレシピがあります。

フランスでも家庭のおやつとしてよく見られますし、
小さな頃から馴染みのあるデザートです。

 

皆さんは、イチリュウのガトーショコラを
召し上がった事はございますか?

濃厚なチョコレートと、トッピングのクリームや栗が
絶妙なマッチングです!

ぜひイチリュウへ来て、召し上がってみてください!

Joyeux noël(メリークリスマス)

いよいよクリスマス。
皆さん、今年のクリスマスはどのように過ごされますか?

レストランで食事をしたり、ホームパーティーをしたり、
楽しく過ごされることと思います。

今年も寒い冬だからこそ、暖かく過ごしたいですよね。

 

そんな暖かいシーンに、
是非、パティスリーイチリュウのケーキをご一緒に。

クリスマスに皆さまに笑顔をお届けするため、
全てのケーキを職人がひとつひとつ、丁寧に手作りしています。

私はパーティトレインを担当させていただきました!

ショコラムースにキャラメルムース、
イチゴムースにマンゴームース、バニラムースと
5種類のケーキが機関車になって登場します。

一つの味だけじゃ物足りないという方に
お勧めの商品となっております。

 

また、今年はフランスから来日した
フロリアンシェフのエテルネル(シャンパンケーキ)をはじめ、
イチリュウのベストセラー商品、シャルロット・オ・ショコラを
生チョコクリームで仕上げたケーキ、
フランスでクリスマスケーキの定番ともいえるビュッシュなどなど、
たくさんの種類のケーキをご用意しております。

トレイン250×250エテルネル250×250シャルフレ250×250フレーズオレ250×250

 

是非イチリュウのケーキで食卓を飾ってみませんか?

もちろん、クリスマスだけでなく、普段のおやつや贈り物、
またご自分へのご褒美にもイチリュウのケーキはオススメですよ。

 

 

 

皆さん、素敵なクリスマスと年越しをお迎えください。

DSC00784

賑わいのマルシェ

DSC06145

12月が始まったフランスは、
クリスマスに向けて賑わう前で少し寂しい感じがします。
どんどん寒くなってきたので、外出している人もあまり見かけないし、
嵐の前の静けさでしょうか…。

 

 

 

今回はフランスのマルシェ(市場)の様子をご紹介します。

DSC01175

スーパーで買い物をする人も多い中、やはり週末になると、
新鮮な野菜や魚、肉を求めて、たくさんの人で賑わいます。

DSC01176

また12月はクリスマスという事もあり、
ごちそうを食べる機会が増えていきます。
(日本で言う忘年会という感じでしょうか)

自宅にお客さんを招く時は、家で手料理をふるまいます。
そんな時にフランス人はマルシェで買い物をするのです。

今の季節だと、牡蠣やムール貝、鶏肉(丸ごと!) や七面鳥など…

DSC01180

DSC01177

私も16年前初めてフランスで丸ごとの鶏肉を見た時はびっくりしましたが、
今では、鶏肉を丸ごとオーブンで焼いてふるまったりします。

いつも以上に活気に溢れているこの時期のフランスのマルシェ。

いつもマルシェに行くとフランスにいるな~と感じます。

美味しいワインとハンバーガー

日本もぐっと寒くなってきたでしょうか。
フランスもどんどん寒くなっていきます…。

 

トゥール市役所の前はクリスマスツリーの
飾りつけが行われていました。

DSC06108

この時期が来ると、もう今年も本当にあと少しだなと
実感させられます。

 

でも公園の紅葉はまだまだ綺麗ですよ~!

DSC06113

秋と冬をまたぐこの季節感、なんとも言えません!

 

 

 

先日、仲のいい友人から美味しいワインが手に入ったから、
遊びに行っていい?と連絡がありました。

僕は食事担当に決まってしまったのですが、スーパーが開いてない!

この日は、週末。
そう、フランスはほとんどのスーパーが閉まっている、
もしくは午前中しかあいていないんです。

何か作るものはないかと冷凍庫を開けると、
以前、冷凍しておいたひき肉が!
玉ねぎもあるし、チーズもあるから…とハンバーガーを作りました。

 

フランスとハンバーガー…なんだかあまりピンときませんが、
フランス人、マ○ドナ○ドなどの大型ファーストフードのお店も行くのですが、
家でお手製のハンバーガーを食べる事が結構好きなんです。

今回はスペシャルバージョンで目玉焼きものせてみました!

ハンバーガーに赤ワイン…
となんとも言えないおしゃれな組み合わせで
「C’est bon!!!(おいしい!)」
と大きなハンバーガーを2つも平らげてくれました!

DSC03584_2

ん~C’est bon!!!

お菓子のアクセサリー

2014年もあと2カ月…
あっという間に時間は過ぎていきます。

 

11月、フランスはToussantと言って、
諸聖人の日のバカンスが2週間あります。
ハロウィンの起源となったものでもありますね。

小学生や中学生はこの時期バカンスでも
大人はそういうわけにはいきません。

が、休日は少し遠出をしようかなと思い、
車で30分ほどのところにある
アンボワ―ズ城まで行ってきました!

chateau d'amboise02

 

トゥールには、ちょっとリフレッシュしたいという時に出かけられる、
お城や公園などがたくさんあります。

フランスのガイドブックなどにも載っていて有名な
シャンボ-ル城やシュノンソー城までは1時間ちょっと。

秋の紅葉を見に公園や森まで行くには
30分もあれば十分。

気分転換になって気持ちがよかったです!

 

 

 

先日お店めぐりをしていると、
お菓子のピアスやネックレスを見つけました。

女性や子供が好みそうな、ドーナツの形やマカロン、
それにイチゴやクッキーと様々な形がありました。
選ぶのに時間がかかってしまいそうですね。

DSC03755

ピアスは2つで10€(約1300円)。
ネックレスは25€(約3250円)。

小さな子どもから年配の方まで
ゆっくり手にとってアクセサリーを見ていました。

少しポップな感じなので、
カジュアルなファッションにぴったりですよね。

日本では、見た事がなかったので、
フランスの発想かなと思いました!

 

カボチャのポタージュ

みなさんBonjour!!

少し肌寒い日はどうしてもスープが飲みたくなります…。
先日レストランで食事をした時に
前菜にカボチャのスープをいただきました!

DSC00070

これを飲むだけで体が温かくなります。

日本でもカボチャのスープはよく飲まれると思いますが、
フランスでは秋になると、カボチャのスープ以外に
葱のポタージュやニンジンのポタージュなど
毎日のように家庭でポタージュを作ります。

今まであまり野菜のポタージュは飲まなかったけれど、
最近は健康を考えて家でも作るようにしています!

皆さんもぜひお家でポタージュを作ってみてください!

 

 

私は毎年食欲の秋ですが、
皆さんの秋はどんな秋でしょうか?

今年の秋はフランス語の本でも読んで、
読書の秋にしようかなと考えています。

DSC00027

こんな並木道を見ていると、
ベンチに座って読書でもしたくなりますよね。

あ、でも僕はもちろんお菓子と一緒に本を読みたいと思います!

秋の味覚とアペリティフ

気付くと早いものでもう10月。
2014年も残り2カ月ですね。

DSC03713

先日、キノコ狩りに行ってきました。

幸い天気に恵まれ、ハイキング気分で
楽しく森を散策していたのですが、
なかなかキノコが見つからない…

それでもめげずに歩くこと2時間。

最後の最後にキノコを見つける事が出来ました!
途中で諦めずに頑張った甲斐がありました。

キノコ狩りに夢中で写真を撮り忘れてしまったのが残念ですが、
持ち帰ったキノコは、オムレツに入れていただきました。

秋の味覚…
C’est bon!!(おいしい!!)

 

 

 

 

少し、ゆっくりしたい休日、
友人を集めてアペリティフをしました。

天気が良かったので、
私が住むアパルトマン(アパート)にある庭へ。

スパークリングワインやビール、シードル(リンゴ酒)と共に、
ソーセージやスナック菓子、トマトなど
手軽に食べられる簡単なものを用意しました。

DSC03536

フランス人は本当にアペリティフの時間を大切にします。
私も友人と集まりたい休日には家に招くこともあります。

フランスのレストランは比較的に金額が高く、
日本で気軽に食べられるものが、
フランスではそうはいかないことも。

そう思うと、どうしても家で集まった方がお得なんですよね~

日本人であることを生かして、
たまに巻き寿司を作ったり、日本風サラダを作ったり…

こちらに来てからお菓子はもちろん、
料理をたくさん作るようになりました。

こうして友人と集まる時間、大切だなと改めて感じます。

苺のタルト

DSC03528

今年の夏は天気が悪い日がとても多く、
なんだか夏を満喫できなかったような気がします。

気がつけばもう秋の気配ですね。

日が沈むのが刻一刻と早くなってきました。

気持ちがしんみりする季節ではありますが、
秋は秋で美味しい食べ物やワインがたくさん!

また、フランスでは秋に様々な催しが行われるので、
楽しみを見つけながら秋を満喫したいですね。

 

 

 

私は数年パティシエとして活動をさせて頂いているので、
レシピの研究も兼ねて、普段からケーキを作っています。

先日、どうしても苺のタルトが食べたくなって作りました!

写真 1

このタルトは苺のほかに、デコレーションするのに綺麗な
フランボワーズなどの実があれば簡単に作ることが出来るので、
あっという間にワンホールを完成させました!

今回はサクッとしたタルト生地に、
甘さを抑えたクリームとフルーツを合わせてみましたが
もう少し甘さを増してもよかったような。

 

周りの方の意見もとても大切で、
今回試食してくださった方にも、バランスがいいと言って頂いたり、
甘さが足りない気がすると言って頂いたり…

様々な意見を聞いて、今後のレシピに活かしていくことは
とっても大切なことですよね!

 

これからも周りの方の貴重な意見を参考にしながら
多くの方に喜んで頂けるケーキを作っていきたいと思います。